FC2ブログ

側溝関係 9

それではもうひとつのパターンです。

今回の手順は、
オブジェクト選択→コマンド実行→押し出し長さ入力→確定 です。
最初のものより手順が少ないです。
今回は特に図もいらないと思いますので省略します。

どちらの方法を取るかは好みで構わないと思います。
私の場合は、あまり気にせず両方のパターンを使っています。

こちらも操作が終わったらビューを切り替えて確認してみて下さい。結果としては同じものが得られています。

ワイヤーフレームだけでなく、隠線処理やリアリスティックでも確認してみて下さい。

バージョン2007までは、表示スタイルという表現ではなく、シェーディングという表現が使われていました。2008以前のバージョンの方はご理解願います。

2008のリアリスティックでは線が描書かれてしまって、今いちリアリティにかけます。そこで次回はこの表示スタイルのカスタマイズについて触れてみます。

と!、こんなのどうですか?
マイクロスパターバン、従来のマイクロファイバーをさらに加工

テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D CAD CG モデリング 土木 建設 施工 施工計画 オートキャド 工事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
プロフィール

blogger

Author:blogger
FC2ブログへようこそ!