FC2ブログ

実践 交差

以前までは“干渉”と呼ばれていたコマンドです。
これも文字とおり干渉する部分をソリッドとして残すというものです。

例です・・・
ここにソリッドがあります。(下図)
Image25.jpg

これは、半径5cmの球と半径3cmの球が中心は同じ高さ(Y値とします)で、2cm重なっていてその重なった部分のみのソリッドです。
この場合、最初からこれを造るのは・・・出来ますが手間がかかります(笑)

そこで、こんだけ各要素が明確ならば二つの球を作ってその位置関係に配置して“交差”コマンドです。これで二つの球の重なった部分のソリッドが出来上がります。
1、“交差”アイコンクリック (コマンド開始)
2、赤の球体と黄色の球体を選択
3、確定 
Image27.jpg

Image26.jpg

個人的な用途ですが、私はこの“交差”はめったに使いません。なのでこれ以上は書けません(笑)。

TVで話題のマジックバブルピーリング

テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D CAD CG モデリング 土木 建設 施工 施工計画 オートキャド 工事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
プロフィール

blogger

Author:blogger
FC2ブログへようこそ!