スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横断図からの作成 42

全ての切断作業が終わったものを、面表示してみると・・・
0468a.jpg


色々と角度を変えて出来上がり具合を確認してみます。
0469a.jpg

0470a.jpg


とまあ、こんな感じに出来上がりました。

これに前回と同じように色を着けてみます。
0471a.jpg


なんとなくいい感じになったと思いませんか?

現在は面を示す線が表示されていますが、これを線を表示しないモードにしてみると・・・
0472a.jpg


オービットでグルグルしてみると、ソリッド群が増えていくたびに、濃い緑部分の微妙な起伏もわかるようになってきます。
0473a.jpg


このようにして、次々と断面間のソリッドを形成していけば、横断図を基準とした現場のソリッドが出来上がります。

またこれは余談になりますが、適正な縮尺から起こしたソリッドは適正なマスプロパティ(体積や重心などの要素)を持ちますので、土木分野についてでしたら、土積計算書と同じ数量を導くことが可能になります。


テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 工事 オートキャド 施工計画 施工 建設 土木 モデリング CG CAD 3D

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
プロフィール

blogger

Author:blogger
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。