スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横断図からの作成 34

左側の二つの大きなソリッドの切断でしたら、下図のビューで作業が可能です。
0451a.jpg


しかし、その次の畦畔とよばれる部分(台形状に盛り上がっているところ)になってくると、この角度では非常にきついです。とういうか、慣れた自分でもわけがわかりません。そのような時は迷うことなくグルグルして見やすい?把握しやすいビューに変えてしまいます。

0452a.jpg


実際にそこに立体物があるかのように思えば極自然なことだと思います。
上のビューですと、畦畔の向こう側は見えないことになります。下のビューですと畦畔の法尻が見えることになって、視覚的な現実性を得ることが出来ます。

ひとつのビューで全ての形状を把握出来るのであれば、それは凄い能力だと思います。
しかし、自分にような一般人にはやはりグルグルが向いていますね。

テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 工事 オートキャド 施工計画 施工 建設 土木 モデリング CG CAD 3D

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
プロフィール

blogger

Author:blogger
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。