FC2ブログ

実践 注意点2

2D図面なら、長さ、角度、面積測定(通常はポイントピックアップによる測定だと思います)が出来ます。3Dでソリッドでモデリングされたものは、容積や重心もキャドが教えてくれるのです。特に建設系に従事している方でしたら、コンクリートボリュームや各種土量、そのた形に出来るものならすべて、計算することなく容積がわかりますから非常に役に立ちます。

話が少々ズレましたが、線分(曲線含む)やポリラインをそのまま押し出した場合は、ソリッドではなくサーフェスになってしまいます。サーフェスとは面です。サーフェスを組み合わせて立体を作ることも可能です(立体に見せる)。しかしそれでは中身のない箱になってしまい、容積を知ることが出来なくなります。



女試しでモテル女に♪

テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D CAD CG モデリング 土木 建設 施工 施工計画 オートキャド 工事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
プロフィール

blogger

Author:blogger
FC2ブログへようこそ!