FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作工図からの作成 13

基準線の水平化が終われば、目的ソリッド(管)を線分の端点に移動して、直交モードオンのまま、数値入力のみでコピーが可能になります。
a0337.jpg

a0338.jpg

a0339.jpg

コピーが終わったらまたもとの角度に戻さなければなりません。
この戻しの作業をするために、最初に引いた緑の線分が必要になってきます。

黄色の線分と管ソリッドを選択、回転コマンド、基点指定、参照設定、回転という先ほどとは逆の手順の作業を行います。

基点には黄色い線分の左端、回転基点も同じです。参照指定で基点を同じ点、もう1点は直交モードがオンになっていればOSNAPの効かない右方向か、黄色い線分の右端、または左端でない管の中心点を指定します。
これで黄色の線と管ソリッドがカーソルに追従しますので、回転先に緑の線分の右上を指定すれば作業完了となります。
a0340.jpg

テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D 工事 オートキャド 施工計画 施工 建設 土木 モデリング CG CAD

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
プロフィール

blogger

Author:blogger
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。