FC2ブログ

作工図からの作成 9

コンクリート製品会社とマンホール開口について打ち合わせをした席で、「そんなに大きい開口は構造上うまくない」ということになり、監督員と協議のうえ台付管を変則的な寸法で切加工し、最下流端にその管を使用することにしました。
通常、このような管路の場合、下流から施工するものであり、最下流部に切管を使うということはありません。もし通常のように施工していたならマンホール部で接続不可という現象も起きていたかもしれません。

また、この管路は平面的に直線ではありませんし、通常の丸い管ではないためその施工イメージがつかみにくいといういう部分がありました。特にマンホール接続部においてはそうでした。

しかし、こういった3Dのモデルイメージがあると単なる図面から想像するものとは異次元の効果をもたらしてくれます。

テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D 工事 オートキャド 施工計画 施工 建設 土木 モデリング CG CAD

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
プロフィール

blogger

Author:blogger
FC2ブログへようこそ!