FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定規図からの作成 58

差し引きソリッドが生成されたので、これを退避ソリッドに被せるように同じだけの距離で上方に複写します。
今回は、引かれるソリッドが二つに対して、引くソリッドが一つですから、引かれる側は二つ一緒に選択しなければなりません。
差コマンドを実行すると、二つのソリッドは合成されてひとつのソリッドになります。
169.jpg

退避複写した分だけ下方に移動すると、分割ソリッドの出来上がりです。
170.jpg


二つのソリッドから一つのソリッドを引くのだけれども、あくまでも二つのソリッドとして残したい場合は、引くソリッドを退避複写、差コマンド実行、退避ソリッドを戻し、もう一度差コマンドといったような手順を踏まなければなりません。
形状の単純なソリッドであれば、合成されてしまったものを切断した方が早い場合もありますので、時と場合に応じて使い分けてください。

道路についてはこれで終わりとします。

テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D 工事 オートキャド 施工計画 施工 建設 土木 モデリング CG CAD

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
プロフィール

blogger

Author:blogger
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。