FC2ブログ

定規図からの作成 52

と、また本題から外れてしまいましたが・・・

クイック選択でリージョンを選択、押し出しコマンド実行、テキストウィンドウに表示される条件を見ながら、必要条件を設定(入力)します。

色が赤のみで少々わかりずらいですが、これで長さ100mのソリッドが生成されました。
148.jpg

画像の上のほうに線分が浮き上がった状態で残っているのがわかります。この線分はもういりませんので削除します。

ここで先ほどのクイック選択が有効な手段になってきます。せっかく作ったソリッドを削除してしまっては何もなりませんので、クイック選択を使って間違いなく線分だけを削除しましょう。
また、クイック選択の演算子で、含む、含まない、現在選択中の状態からの変更も可能ですから、色々な使い方が出来ます。

現状の図面中に線分とソリッド以外のものがあるかもしれない場合は、全てのオブジェクトを選択した状態で、クイック選択を起動し、オブジェクトタイプをソリッドにし、演算子を全て、下のほうにある適用方法のところで、新しい選択セットから除くのほうにチェックし、現在の選択セットに追加のチェックを外します。こうすればソリッド以外の全てのオブジェクトが選択されますので、間違いがありません。
149.jpg

150.jpg

ごくまれに説明したとおりの動作を行っても、期待した効果が表れない場合があります。
そのような時は、条件設定してOKを押す前にチェックボックスを上に入れたり下に入れたり、オンにしたりオフにしたりなどしてからOKすると反映されます。

これはオートキャドが持っているマクロコマンドの特性やコマンド条件記憶という特性に起因しているのかと思います。

テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D 工事 オートキャド 施工計画 施工 建設 土木 モデリング CG CAD

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
プロフィール

blogger

Author:blogger
FC2ブログへようこそ!