FC2ブログ

管類 12

コンクリート管その3、もっとも面倒臭い手法です。

これはあるソリッドの面を角度をつけて押し出すという手法を使います。
前回のロフトで作った部分をこの手法を使って生成します。

この手法には押し出し長さと角度が必要になりますので、あらかじめその要素を把握しなければなりません。

この二つの部分においての長さと角度です。
0834.jpg

2Dキャドの操作になりますが、一応触れておきます。
長さについては、その線分のプロパティで各数値が確認出来ます(デルタ値)。
今回必要としているのは“デルタX”の“80”です。
**端数は切り捨てます**
0835.jpg

角度を知るために、視覚的に把握しやすいようまず補助線を引きます。
何のことはない、ただ1本線を引いただけです。
0836.jpg

この緑の線と斜めの黄色の線の角度を測ります。
コマンドは“角度寸法記入”を使います。
0837.jpg




テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D 工事 CAD CG モデリング 土木 建設 施工 施工計画 オートキャド

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
プロフィール

blogger

Author:blogger
FC2ブログへようこそ!