FC2ブログ

桝類 23

“900×460×40”のソリッドを作ることに関しては今更説明することもないと思いますで省略します。

“900×460×40”のソリッドを作ったら、それを本体ソリッドにラップ配置します。
以前、位置合わせについて説明しています。その時は中心合わせについてでしたが、今回の場合中心はあっていません。そのような場合、合わせたい場所、合わせやすい場所を自分で決め、移動の基点をその位置に指定します。

練習を兼ねて・・・
***“900×460×40”ソリッドを本体ソリッドのとなりに作ったものとして話を進めます。ただし、このソリッドを作るとき、ビューは揃えておく必要があります。絶対ではありませんが、ビューを合わせておかないと、ビューを切り替えての回転作業が必要となりますので余分な手間は出来るだけ省きましょう。

エコポイント

テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D 工事 CAD CG モデリング 土木 建設 施工 施工計画 オートキャド

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
プロフィール

blogger

Author:blogger
FC2ブログへようこそ!