FC2ブログ

作工図からの作成 20

作工図からのソリッド作成ということで、ここまで19回やってきました。

現場には色々な作工がありますが、いままでのこと・・・各種ソリッドの作成の仕方・今回の内容・・・を合わせていけば特別複雑な形状でもないかぎり、人工的な造形物は作成出来ると思います。

次回からは、横断図からの現場ソリッド作成についてやっていきたいと思います。
これはたぶんですが、本当に自分独自のものだと思います。
この手法を使えるようになるまではそれなりに時間を費やしました。

試行錯誤の繰り返し、何度あきらめようかと思ったことか(笑)

それでも、やっぱり思い描くものを作って見たいという気持ちの方が強かったですね。
a0365.jpg


スポンサーサイト



テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D 工事 オートキャド 施工計画 施工 建設 土木 モデリング CG CAD

作工図からの作成 19

このような場合は、ビューを一度正対させてから回転作業を行います。

第1弾回転を平面図で行ったのなら、ビューを側面図や正面図に切り替え、そこで回転作業を行います。これで、どのビューに対しても角度を持った回転作業が完了します。

なにせ、本も見ず、まったくの独学ですので他に方法があるかもしれません。
自分がこの現象を理解するにはかなり時間がかかりました。
「な~んで回ってくれないん?」独り言連発でしたね(笑)

なんたって書店売りのテキスト本は高いですよね!
LT用なら2000前後であるのに、レギュラー用は5000とか9800とか、だいたいにして種類も少ないですし、自分みたいな田舎住みの人間ではなかなかお目にかかることすらありません(笑)

テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D 工事 オートキャド 施工計画 施工 建設 土木 モデリング CG CAD

作工図からの作成 18

平面図の状態から、位置関係が良くわかるビューにしたとします。a0359.jpg

これは平面図からオービットを開始して、ちょっと左にねじった状態のものです。
これだと線分と管ソリッドの方向がよくわかります。
で、思わずこのビューの状態で回転を実行したくなりませんか?
試しにやってみましょう!

a0360.jpg

何も変わりません。

見た目には平面図ではありませんが、平面図からオービットを開始しているため、アクティブビューは平面図だからです。
したがって、回転角度は平面図状態でしか与えられないので、下側の管端部の中心を基点とし回転参照方向を上側管端部中心、回転先に線分の上端を指定しても、それは平面図上では同一地点なのです。従って各オブジェクトには何ら変更が起きないのです。

テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D 工事 オートキャド 施工計画 施工 建設 土木 モデリング CG CAD

作工図からの作成 17

なんだかうまく説明できないのですが・・・

下図のような配置のソリッドと線分があるとします。
平面図
a0353.jpg

側面図
a0354.jpg

正面図
a0355.jpg

管の連続ソリッドはどのビューからみても正対位置にありますが、線分はどのビューから見ても角度を持っていることがわかると思います。
a0356.jpg

この管の連続ソリッドを緑の線分に合致させるには当然回転操作が必要になります。

第1操作として、平面図にて回転を行います。
a0357.jpg

一見するとこれで操作が完了したように見えます。
しかしビューを切り替えてみると実はそうでないことがわかります。
側面図では下図のようになっています。
a0358.jpg

ここで再度回転を行うことになるのですが、ビューを正対の状態でコマンドを実行するのであればまず問題はないのですが、オービットを使って回転させた場合などはちょっと注意が必要です。

テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D 工事 オートキャド 施工計画 施工 建設 土木 モデリング CG CAD

作工図からの作成 16

ターゲットはあくまでも方向指定をするだけで、そこに複写するわけではありません。
これは3Dでも2Dでも同じです。

あとは続けてそのまま数値を入力していきます。ここまでくれば直交モードを使う時と同じです。
4000、6000、8000と数値を入力し、最後のコピーが終わると再度enterを押してコマンドを終了させます。

見た目に線分にそったっ複写が出来てきることがわかりますが、確認のためオービットを使ってぐるぐるしてみましょう。
a0351.jpg

a0352.jpg

これは後々モデリングの際に注意しなければならないことですが、回転コマンドはビューに正対した角度であるということです。

平面図の状態からオービットを使ってビューを変えて回転コマンドを実行しても、それは見ているビューに対してではなく、平面図での状態で角度が与えられます。

テーマ : オートキャドで3Dモデリング
ジャンル : コンピュータ

tag : 3D 工事 オートキャド 施工計画 施工 建設 土木 モデリング CG CAD

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
プロフィール

blogger

Author:blogger
FC2ブログへようこそ!